スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちま~い、にま ~い(5)

学生医療支援NGO~GRAPHIS~は、カンボジア・ココン州・プレイピセ村に診療所を建設しました。
このGRAPHIS診療所は首都プノンペンとカンボジアの貿易の拠点であるシハヌークビルを繋ぐ、国道4号線沿いにあります。
シハヌークビルはカンボジアの経済に影響を与えている重大な都市であり、近年その交通量の増加に伴って、交通事故も多発しています。
しかし今までは、230kmにも及ぶ国道沿いには1つも病院がありませんでした。もし交通事故が起こっても、誰も救急車を呼ばず、放置され、なくなる方もいたそうです。

GRAPHISは、そんなカンボジアの救急医療に少しでも貢献できればと思い、国道4号線沿いに診療所を建設しました。プノンペンの救急車とこの救急車を連携し、シハヌークビルまで患者を搬送することも可能になりました。
この仕組みは、カンボジア全体の救急医療のモデルとなっています。
GRAPHISだけではなく、様々なNPOの方々と協力することで、このプロジェクトに取り組めました。
今後も、この診療所を拠点に、カンボジアの救命医療の改善に微力ながら、貢献していこうと考えています。
lovechari.jp/about/results/より

こんないい加減な解説をするくらいなら、「建設費の大部分を負担しました」でいいではないか。
実際にできたことは、「様々なNPO」による取り組みへの資金提供が全てなのだから。

A Health Center in Cambodia -- Where There was no Doctor--

Graphis Health Center is located at a rural village in Cambodia. It's currently under construction and is to be completed in 2009. We will operate the health center strictly with humanitarian purposes in order to save the lives who have been suffering from the absence of proper medical facilities, and radically increased number of traffic accidents.
graphis-health-center.blogspot.com/より

「GRAPHIS」が大口のドナーとなった施設は「health center」レベルの扱いで、基本的な性格は当初の想定通り「無医村」に建てられる診療所である。

ココン県に地方の救急搬送システムを視察に行きましたが、公道で発生した事故などに対応するシステムは皆無であったことから、NGOが単独そして慈善事業として国道4号線で発生する事故へ対応しているので、同救急車の視察になりました。

この救急車は、ココン県を通過している国道4号線をプノンペン市近郊まで約100kmも守っている唯一の救急車です。その間、公立の病院が1つといくつかの公立診療所がありますが、転院搬送が主たる目的であるため、交通事故など院外への出動は非常に限られているそうです。
(略)
私達は、同NGOが所有する救急車が外傷に対しもっと機能的に対応できるようにするため、応急処置を可能とする資機材の搭載やその使用方法を指導する準備があります。また、病院にある転院搬送用の救急車についても、同様な改善が行えないか今後保健省を通じ打診して行く予定です。
ticoftof.exblog.jp/9441084/より

NPO法人 TICO」「NPO法人 サイド・バイ・サイドインターナショナル」 「一般社団法人 セカンドハンド」「日本国際救急救助技術支援会」の4団体の協力によって「プノンペン救急隊整備事業」が進められているが、「4号線」に関してはまだ着想にすぎない。

「230kmにも及ぶ国道沿いには1つも病院がありません」というのも勘違い。「公立の病院が1つ」はコンポンスプーの州立病院だろう。
「プノンペンの救急車とこの救急車を連携し、シハヌークビルまで患者を搬送する」などという馬鹿げた発想になるのは、単なるドナーでしかないからだ。

「GRAPHIS病院」の建設予定地は、これまで2回変更になっている。

首都プノンペンから車で6時間、メコン川を船で渡りスバイリエン州というカンボジアで最も貧しい州に向かいました。その光景はテレビの「世界ウルルン滞在記」で見るような光景。道がない。電気がない。水がない。人がいない。。。etc
lovechari.jp/aim/graphis03.htmlより
◆正式名称 GRAPHIS HOSPITAL
◆診療科 産婦人科 一般内科・外科
◆医療従事者 医師は週一回勤務。看護師は常在。
◆場所 コンポンチャム州
lovechari.jp/aim/graphis04.htmlより

「カンボジア人民党」の議員や保健省大臣まで登場したこのプロジェクト、どういう経緯で現在の場所に落ち着いたのかは何も明かされていない。

もちろんCDの売上枚数も。

At the end of January 2009, the road branched from the National Road No.4 to the Graphis Health Center was opened.

Many thanks for the support from local authorities and Graphis, a Japanese student group, we could manage to open this road within 3 weeks!

Local authorities contributed heavy machines and labour for 3 weeks. Graphis, main donor of the health center, provided fund for fuel, food for labour and other expense relate to the work.
graphis-health-center.blogspot.com/2009/02/...より

次の目標は国道から診療所までの道路の整備らしいが、すでに舗装を残すだけで工事は終わっているようだ。

コメント

コメントを投稿する


チェックボックスをチェックすると、管理者のみに宛てたコメントを投稿できます

トラックバック

http://maruyakism.blog43.fc2.com/tb.php/93-58047f61

「エイズ孤児」の健在な両親(9)  | HOME |  後悔しない航海

執筆者

まるやきの中の人

まるやきの中の人

ブログ内を検索

過去の記事

最新記事

新着コメント

新着トラックバック

リンク

連絡先

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。