スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金がなくても東大合格、統一原理でニューヨーク留学 (1)

「統一協会」による国連工作が進行している。

国連改革を推進―「超宗教議会」の設置を訴える
 1999年2月に文総裁によって創設されたIIFWPは、国連に「上院」としての「超宗教議会」設置を呼び掛けながら、国連改革を推進してきた。
(略)
UPF―グローバルガバナンスのモデル機構
 IIFWPの統括協議会、事務局、平和協議会が整備され、文総裁が過去60年間にわたり築いてきた様々な世界的平和運動をまとめ、2005年9月12日、「グローバルガバナンスのモデル機構」「アベルUN」として、UPFが創設された。
www.iifwp-jp.org/about/upf.htmlより

こうした戦略を〈草の根〉から支える実働部隊が、早大原理研OBで「世界平和教授アカデミー」事務局長でもあった大脇(尾脇)準一郎による「未来構想戦略フォーラム」と、それが推進する「市民国連」であり、あるいは山元雅信による「山元学校」であるのだろう。

ともに多数の「統一協会」関係者が動員されている。

この2月23日の「未来構想戦略フォーラム」にゲストスピーカーとして呼ばれたのは、「日本財団」広報チームに所属する本山勝寛である。

団体職員としてよりも、『お金がなくても東大合格、英語がダメでもハーバード留学、僕の独学戦記』の著者としてのほうが、彼の知名度は高い。

本山 勝寛(モトヤマ カツヒロ)
東京大学工学部システム創成学科卒業、ハーバード教育大学院国際教育政策専攻修士課程修了。1981年生まれ、大分県出身。母を亡くし父は慈前事業で海外へ。超貧乏バイト生活を送りつつ、東京大学への入学を決意。高3春の「合格可能性なし」の判定から、塾にも通信教育にも頼らず独学で成績を急上昇させ、現役合格。東大卒業後、あえて就職せず、自己研鑽と探求生活のため、韓国、アメリカへ。神学を学び、宗教教育修士号取得。その後、教育をより広い視野で研究するためにハーバード大学院に留学することを決意。留学予備校を活用しない独自の留学準備をリアルタイムでブログにつづりながら、ハーバード大学院合格。07年6月帰国、就職。現在、日本財団情報グループ広報チームに所属

これは、同書のために用意されたプロフィールである。
「神学」で「宗教教育修士号」を受けた大学の名前は、なぜか伏せられている。

この「未来構想戦略フォーラム」の資料から、それが「UTS」であることがわかる。

紛れもなく「統一協会」の教育機関である。

彼自身も、おそらく「慈前事業で海外へ」行った父親も、「統一協会」の信者なのだろう。

「お金がなくても」韓国やアメリカに留学できたのは、そういう背景があってこそのことだ。

だから僕は、日本が世界の「母の国」として立つことを願って止みません。
d.hatena.ne.jp/theternal/20061112/1163303289より
今後の展望
 「世界の中の日本へ―「母の国」ソフトパワー戦略」
www.miraikoso.org/70miraimotoyama/70mirai.htmlより

この「母の国」とは、いうまでもなく「統一協会」の用語である。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントを投稿する


チェックボックスをチェックすると、管理者のみに宛てたコメントを投稿できます

トラックバック

http://maruyakism.blog43.fc2.com/tb.php/9-ec9f9ea9

井戸掘る人びと(6)  | HOME |  あたらしいきぼう

執筆者

まるやきの中の人

まるやきの中の人

ブログ内を検索

過去の記事

最新記事

新着コメント

新着トラックバック

リンク

連絡先

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。