スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エイズ孤児」の健在な両親(7)

専門性を活かして「ノリア孤児院」の支援に当たっていた「The Nursing Action for Children's Energetic Future(NACEF)」という看護学生のグループがある。

あるきっかけからアジア子供教育基金代表の堀本さんと知り合い、
昨年、カンボジアを訪れる機会を持ちました。

その時、アジア子供教育基金で支援されている、「ノリアの平和の子供たち」や
「オッダンバンの平和の子供の家」を訪問し、子供たちと触れあったんです。
www.h3.dion.ne.jp/~acef/volunteer.htmlより

現在も活動を続けているが、対象は「ノリア孤児院」と同じバタンバンにある「SKO孤児院」。

代表の堀本崇の没後、「アジア子供教育基金」が関わった諸施設を支援している団体に「石川洋・燈友会」がある。
「願主」の石川は「一燈園」の出身。

毎年「スタディツアー」を実施し、その支援活動は現地NGO「開発のための仏教」の協力を得ている。

「石川洋・燈友会」も「ノリア孤児院」とは関わっていないようだ。
同じ敷地内にある「ノリア職業訓練校」は訪問しているいっぽうで。

この「石川洋・燈友会」もまた、「SKO孤児院」を支援している。

「ノリア孤児院」と協力関係にあったはずの「開発のための仏教」だが、両者には活動方針の食い違いがあった。

All BDF monks had a community-care orientation, squarely rejecting pagoda-based care. Most Wat Norea monks saw scope for pagoda-based care, some on a structural basis, others more in terms of a temporary facility until family/community members are willing/able to take over (again). Wat Norea itself is considering a Wat-based care programme for IDUs, which is in line with Thai examples.
www.cascambodia.org/scope_unv.htmより

この「国連ボランティア計画」に関する資料は、2000年ころのものと思われる。

「SKO孤児院」は、「伸びゆく子供たち」という名前で「アジア子供教育基金」のサイトにも現れる。
正式な名称は「Sprouting Knowledge Orphanage」のようだ。

The Cambodian Children’s Trust (CCT) is an Australian charitable organization established to aid a small impoverished orphanage in Battambang, Cambodia. The orphanage, named SKO, struggles to provide 24 Khmer orphans with the most basic provisions. The inaugural CCT fundraiser was held on December 1st, 2005 and generated enough funds to begin supporting the orphanage and to develop a plan to make the struggling orphanage self sustainable.

It was founded by Tara Winkler in 2005, at age 19, after she returned from a trip where she taught English in a small landmine museum in Siem Reap, Cambodia.
en.wikipedia.org/w/index.php?title=Cambodian_Children'Trust...より

「a small landmine museum in Siem Reap」とは、アレのことだろう。

AKIRAセンターで販売されていた爆薬を押収(2000.08.20) [要訳]
www.cisinc.co.jp/cgi-bin/database.cgi?&KEIZAI...より
爆発物展示館の開設者AKIRAを取り押さえて送検(2000.08.25) [要訳]
www.cisinc.co.jp/cgi-bin/database.cgi?&BUNKA...より

「at age 19」なんて言わなくてもいいのに。
どこかのウソ吐き女みたいだ。

通称「AKIRA」が出てきた時点でTara Winklerが信用できる人間かどうか怪しくなる上、ソースが「Wikipedia」なのだが、「SKO孤児院」の支援のために設立されたという「The Cambodian Children’s Trust」についての最新の解説はこうなっている。

The Cambodian Children’s Trust (CCT) is a not for profit Non Government Organisation in Cambodia.

The CCT Orphanage was created after rescuing 14 children from a corrupt orphanage in Battambang, Cambodia, where they were suffering abuse and neglect, including sexual molestation, starvation, violence and denial of access to vital medicines.

CCT wants to provide these orphans with more than the basic necessities for survival. CCT believes it can help best by teaching these and future children at the CCT Orphanage enduring self-reliance. CCT's vision is to provide them with the best healthcare possible and then introduce them to a vast range of education such as classes to build upon their standard school curriculum, extra curricular studies including traditional and international arts, home economics, personal & physical education as well as sustainable farming training them in much-needed local skills.
en.wikipedia.org/wiki/Cambodian_Children's_Trustより

コメント

コメントを投稿する


チェックボックスをチェックすると、管理者のみに宛てたコメントを投稿できます

トラックバック

http://maruyakism.blog43.fc2.com/tb.php/88-3cea625e

「真正の孤児」の親と親戚  | HOME |  しぇまるぅ~勝共~♪(1)

執筆者

まるやきの中の人

まるやきの中の人

ブログ内を検索

過去の記事

最新記事

新着コメント

新着トラックバック

リンク

連絡先

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。