スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エイズ孤児」の健在な両親(4)

「エイズ孤児」には、本人も感染している場合と、そうでない者がいる。

一枚の絵を、物々交換で、カンボジアエイズ孤児院に。
(略)
【建設予定のノリア孤児院】
(略)
(14人が、両親をエイズで亡くしたエイズ孤児です。)
ameblo.jp/aopro/より

「ノリア孤児院」は感染の有無に関わらずこどもを受け入れているのだが、ちょっと気になる記事を見つけた。

Abandoned by his parents at birth and fighting to shake off a disease that could be tuberculosis, 4-year-old K****** clings fiercely to the orange robes of his "father," the Cambodian monk Muny Vansaveth. He is just one of the many charges at the Wat Norea Peaceful Children's Home in Battambang, started by the monk 11 years ago to care for AIDS victims and educate people in the impoverished country. Muny, 33, doesn't yet know if K****** is HIV positive and has not had time to have the tests done. The monk has more immediate worries, such as making sure Kakakda gets a shot of glucose at a local clinic every day to keep up his strength. The 46 orphans at the home are flotsam left by domestic violence, Asia's highest AIDS rate, civil war and genocide.
acr.hrschool.org/mainfile.php/0151/233/より

これは2003年当時の話だが、忙しいという理由で毎日ブドウ糖注射によって体力を維持しなければならないようなこどもにHIV検査を受けさせていない。

そのような状態は、以降も続いたようだ。

In 2004 when Tim found the children’s centre it was under the auspices of Wat Norea, a Buddhist temple led by the Venerable Muny Van Saveth. The centre was a refuge for children who were HIV + or were affected by the HIV/AIDS virus. Some of these children had been working as prostitutes or in sweat shops prior to coming to the centre. Tim found the centre to be in bad repair, the children were sleeping on the ground in shanty type accommodation, their meals were not nutritious, and they were not being educated properly or being provided with adequate health care.
www.hopeforcambodianchildren.org/about_us/annual_report.htmlより

2005年当時の「ノリア孤児院」のようすを収めた動画が、「YouTube」にあった。

It is a rather poor orphanage, children don't even have proper clothes. They don't have proper beds, they sleep on mats on the floor. But children are happy, they is finally someone to take care of them, someone to give them education, to feed them. With the help of several organizations and private donations from people living abroad, Wat Norea Peaceful Children’s Home has cared for 358 children through the years.

...and it costs 15$ per day to feed the whole orphanage...
www.pbase.com/maciekda/watnoreaより

このような状況を改善するために、新しい孤児院が建てられた。

In 2005, John Kinsella and Jenny McAuley joined Tim and, through their networks, more donors and supporters were attracted to the project. Through their efforts, land was purchased and a new centre was built near Balat Village, Noera Commune, Battambang. Teachers were employed to get the children back into school, a healthcare plan was enacted and an education program was commenced for the centre’s children. The children and administration moved into the new centre in August 2006.
www.hopeforcambodianchildren.org/about_us/history.htmlより

「スタッフもこどもも引っ越した」とは言っているが、「ノリア孤児院」が存続していることは説明されていない。

当会は2002年度より、ノリア孤児院の最上学年の女の子6人を対象として、当会と契約した現地の英語教師のもとで英語教育(NEP Class1)を行っていました。その事業期間の4年間が、2006年度夏、無事修了いたしました。
(略)
当会としては、修了したClass1の女の子へのケアにも配慮しながら、昨年度開講したClass2の授業を中心に行っていくことになります。また現地孤児院の移転に伴って受け入れる子どもの数が大幅に増えたことにより、今後当会としてどのように英語教育を行っていくかについても議論を進めていきます。また新孤児院への英語教育支援を開始することも予定しており、その枠組みについて新孤児院を運営している団体と話し合いを進めております。
kazenokai.com/tokyo/actincambodia.htmlより

最近、宮瀬英治会長がカンボジア政府から勲章を受けた「国際協力 風の会」は、なぜ衣食住といった最低限の需要も満たせていないこと、そしてHIVに感染した児童に対する医療体制の不足を知りながら、ごく一部の児童に限定した「英語教育」などをしていたのだろうか?

「ノリア孤児院」は、今でもHIVに感染した児童を受け入れているのだろうか?

食料の問題
カンボジアの最低生活は1人1日1ドルと言います。ノリア孤児院では68人が1日10ドルで食べています。当然、1日3食は食べられません。昼と夜にツケで買ったお米と1品のおかずを分け合って育ち盛りの子供たちが生きています。
ponleu.jp/support/より

これでは「寮」を建てたとしても、そこで死を待つだけじゃないか。

Rustic Pathways is proud to launch the Battambang Orphanage Project, which will bring aid and positive energy to the Cambodian youth who need it most. As of Nov. 1, 2008 Rustic Pathways has taken over support for the Hope of Children Orphanage in Battambang, which means all the living expenses of the 65 children who live there are now covered. They’ll have rice to eat, bicycles to ride, school materials to study with, and clothing to wear. We first discovered this orphanage in Battambang many years ago,
www.rusticpathways.com/2009/cambodia/cbp.htmlより

ところで、昨年から支援を開始したアメリカの「Rustic Pathways Foundation」はこう言っていたが、これもまた実にあやしい。
この団体、webサイトでは寄付金の総額も使途の明細も明示的に報告していない。

日本風に言えば「スタディツアー」を関連会社「Rustic Pathways Co., Ltd.」が催行し、その収益と寄付をあわせて支援するかたちになっているようだが、いくつかの支援先に、それぞれ年間3~4000ドルが渡っていることだけしかわからない

仮に同程度の額だとすれば、1か月分の運営費にもならないだろう。

コメント

コメントを投稿する


チェックボックスをチェックすると、管理者のみに宛てたコメントを投稿できます

トラックバック

http://maruyakism.blog43.fc2.com/tb.php/79-0367c26a

「エイズ孤児」の健在な両親(3)  | HOME |  「エイズ孤児」の健在な両親(5)

執筆者

まるやきの中の人

まるやきの中の人

ブログ内を検索

過去の記事

最新記事

新着コメント

新着トラックバック

リンク

連絡先

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。