スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エイズ孤児」の健在な両親(2)

物々交換で「エイズ孤児院」建設費用として1000万円を集めようとしていた「あおぞらプロジェクト」だが、一度白紙に戻った支援先が決まったようだ。

*団体名(NGO施設名): Hope of Children (HOC) ホープ オブ チルドレン
*プロジェクトタイトル: 子供の健康と子供の望みの新しいドミトリー・施設
*所長(Director): Muny Vansveth (お坊さん)
*住所: Wat Norea, Norea Commune, Sangker Distict, Battambang Province, Cambodia
ameblo.jp/aopro/entry-10172701825.htmlより

新たな目標額は200万円弱とされている。

この孤児院、実は早稲田大学の学生団体「国際協力 風の会 東京」が一部の児童の英語教育を支援していた「ノリア孤児院」と同じものである。
日本からもいくつかの団体が、開設当時から支援に加わっていた。

Rustic Pathways is proud to launch the Battambang Orphanage Project, which will bring aid and positive energy to the Cambodian youth who need it most. As of Nov. 1, 2008 Rustic Pathways has taken over support for the Hope of Children Orphanage in Battambang, which means all the living expenses of the 65 children who live there are now covered.
www.rusticpathways.com/2009/cambodia/cbp.htmlより

収容されている全員の生活費を負担しているという団体もある。

この動画に創設者の僧侶が登場する。しかし、この施設は「Hope of Children」ではなく、収容されている児童の数も多い。

Tim found the orphanage to be in bad repair, the children were sleeping on the ground in shanty type accommodation, their meals were not nutritious, and they were not being educated properly or being provided with adequate health care.
www.hopeforcambodianchildren.org/index.htmより

このような「Hope of Children」の問題を解消するために、オーストラリアの「AIDS Trust」が新たに郊外に建てた「Hope For Cambodian Children Orphanage」である。

新しい施設ができた今、健康管理にすら問題ありとされた「Hope of Children」は「エイズ孤児院」として存続していくのだろうか?

Over the past several years, drug abuse has become an increasing problem in Battambang’s communities. Drug users are not permitted to attend regular schools, and no social network exists to aid those at risk for trafficking, overdose, and prostitution. Hope for Children does not have the resources available to accommodate and rehabilitate drug users, but Venerable Muny Van Saveth is hoping that will change by the end of 2008. His goal is to establish a six-month residential program to treat and rehabilitate drug abusers using a combination medical and meditative therapy.
(略)
While Venerable Muny Van Saveth has noticed a decline in HIV/AIDS discrimination, as well as a decrease in the number of children affected by the disease, Hope for Children continues to expand its programs and reach out to more youth at risk.
www.un.org.kh/undp/.../73-Issue-18-January-2008.htmlより

「国連開発計画」のニュースレターからは、薬物依存の治療など「エイズ孤児」以外の問題に活動領域を移行しようとしているようにも思えるのだが。

コメント

コメントを投稿する


チェックボックスをチェックすると、管理者のみに宛てたコメントを投稿できます

トラックバック

http://maruyakism.blog43.fc2.com/tb.php/72-e61a086f

「世界を騙す」を仕事にする(5)  | HOME |  寄付文明開化(1)

執筆者

まるやきの中の人

まるやきの中の人

ブログ内を検索

過去の記事

最新記事

新着コメント

新着トラックバック

リンク

連絡先

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。