スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教団にいながら世に出る法

現在、「未来構想戦略フォーラム」の副代表を務める杉山勝行には、『もうひとつの肩書のすすめ』『インターネット時代のWeb営業戦略』『めざそう!ナナメ出世―14人の実例に学ぶ「会社にいながら世に出る法」』といった著作がある。

彼が設立した、つぎのような団体がある。

これからが本格的にインターネットをみんなが活用する時代、高度情報化時代です。
インターネット学会はインターネット学と神学で本格的な活用の手法、人を感動させる共生マーケティング理論を提案します。
人々の暮らしを支えるビジネスとインターネットの関係を解説し、豊かな社会を実現するためにお役に立つことができれば幸いです。

2004年8月20日
会長 杉山勝行
communication21.biz/society/...より

「神学」?

「インターネット学会」は「創造目的をインターネット学で実現する」という。

創造目的学試論Ⅰ
著者 石井 宏 菊池武光 杉山勝行 杉山正樹 中島吉紀 西 希悦 平井秀明 福井勇夫 森田義彦 ほか
(略)
この本は、創造目的学会における議論をまとめたものです。

創造目的学会は、統一原理のなかで創造原理の一番最初に出てくる「相対的関係」という概念に着目し、これを科学や宗教にあてはめて研究している学会です。
論じ合い得てきた結論として、すべての宗教や世界観は1つに結ばれうるという実感を得ることが出来ました。
(略)
本書は、統一原理に関心を持つ方をはじめとして、それ以外の方にも、統一原理を実世界に適用した試みに触れていただき、世界が1つに結ばれうる観点と生の実感を得ていただくためのものです。
www.digbook.jp/.../products_id/9614より

「未来構想戦略フォーラム」副代表もまた、「統一教会」信者である。

“ 本会の主な経緯 ”
1)1976/1/19-1994.3/31, (新丸ビル大会議室)「新しい文明を語る会」(代表;中島正樹)
2)1977-1979, PWPA 「10年後の日本国家目標の研究プロジェクト」(代表;松下正寿)
3)1980-1990, FAIS「ビジョン21世紀の会(80年代ビジョンの会)」 (代表;福田信之)
4)1990-2001 FAIS(国際科学振興財団)「国際地域振興フォーラム」(代表;大脇準一郎)
5)2002/1/23 未来構想戦略フォーラム創設(於:JRI【日本総研】)(共同代表:大脇・新谷)
www.miraikoso.org/Miraikoso/miraikoso.htmlより

「未来構想戦略フォーラム」はこのような沿革を経て設立された団体なのだそうだ。

初期に「世界平和教授アカデミー」メンバーの参加が目立つのも当然である。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントを投稿する


チェックボックスをチェックすると、管理者のみに宛てたコメントを投稿できます

トラックバック

http://maruyakism.blog43.fc2.com/tb.php/67-c0164c46

いんど  | HOME |  オペラ座の信心

執筆者

まるやきの中の人

まるやきの中の人

ブログ内を検索

過去の記事

最新記事

新着コメント

新着トラックバック

リンク

連絡先

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。