スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和の煮込み(1)

開発支援にかかわるNGOの方々と話す時、自分的にはちょっとチガウと思う会話があります。

それは、「貧困は構造的暴力」とか「貧困を減らすことで紛争が回避できる」といった貧困解決=平和(または紛争がない状況)を直接的につなげて語る場合です。
ameblo.jp/janic/entry-10159331236.htmlより

いつものように他人事のように語るのは「JANIC」の事務局長、下澤嶽。

「ちょっとチガウ」団体がどこなのか、見当がつかない。
候補があまりにも多すぎるからだ。

~「100万人のたんざくアクション」をみんなで広める方法~
地球の環境や、世界の貧困、平和を守るために、自分ひとりでできることはたくさんあります。
ボランティアや、ごみを出さない、食べ物を残さない、手紙を書く、寄付をする、などなど。
でも、それを誰かに伝えて、一緒にやろうって声をかけるのって難しい。。。そんなことを思っている人も多いのでは?
www.g8ngoforum.org/.../Tanzaku_how_to.pdfより

と、「環境」や「貧困」や「平和」ということばだけを単に投げ出したままこどもたちに行動を呼びかける「G8サミットNGOフォーラム」の事務局は、「JANIC」内に置かれている。
いや、途中で「同僚」と出てくるから、どうやらこの文章は大人にも読ませたいようだ。

メールで友達、同僚、同級生に「100 万人のたんざくアクション」の参加を呼びかけてみませんか? 毎日会う同僚や同級生、1 ヶ月に1 回会う友達、長らく疎遠になっている人。。。たんざくアクションに参加する呼びかけが、同じようなことを思っている人と共感したり、つながるきっかけになるかもしれません。

鍋とか水とか健康食品でも売り始めそうな勢いである。

〈知る〉〈考える〉ことよりも、「共感」する、「つながる」ことが目先の目標となっている。

「貧困を減らすことで紛争が回避できる」といった道筋で考えられるだけ、まだ救いようがあるのではないか、と考えてしまう瞬間である。
「貧困」が「紛争」を構成する要素とはなりえない、ということではないのだから。

コメント

コメントを投稿する


チェックボックスをチェックすると、管理者のみに宛てたコメントを投稿できます

トラックバック

http://maruyakism.blog43.fc2.com/tb.php/61-0af4d9dc

井戸掘る人びと(18)  | HOME |  平和の煮込み(2)

執筆者

まるやきの中の人

まるやきの中の人

ブログ内を検索

過去の記事

最新記事

新着コメント

新着トラックバック

リンク

連絡先

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。