スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井戸掘る人びと(18)

JMAS(日本地雷処理を支援する会)」が最近掘った井戸では、これまでとは違うポンプが使われている(正確には昨年夏にも何度か使われている)。


www.geocities.jp/.../No66-1.jpg

ドナーである「池田中学校」のサイトに、掘削から設置までの解説がある。

井戸の掘削状況を確認する。ボーリング形式で掘ります。深さは15m~34mで平均的に18~20mが多いです。(略)

掘削機械が150万円くらいしますので、この機械購入費を模索中です。こうすれば村の自立につながる最良の状態になります。(略)

ビット部で掘削して行き、2mくらいの継ぎ手鉄棒を逐次に継ぎ足して水がでるまで掘っていく。動力は発動機で作業員は2~3名。20m掘るのには1週間以内に掘れるが、ポンプの設置土台や洗い場のコンクリート養生、ネームプレートなどを作成設置までには更に1週間くらいかかります。(略)
www.town.ikeda.gifu.jp/ikedachu/...より

写真を見ると、ポンプ下部に塩ビのパイプが見える。
これが2重になっていて地下にポンプが降ろされているのならば〈深井戸〉なのだが、単に〈VN6〉型を溶接で作り直したポンプのようにも見える。

〈深井戸〉用ならロッドのストロークは25センチほど必要だが、明らかに〈VN6〉型を使っている55号井戸と比較しても、構造にそれほど違いがあるようには思えない。

これが20メートルの井戸に対応するものならば、もっと普及していてもよさそうなものなのだが。
穴を掘るだけで300ドルは必要で、従来の〈Afridev〉型を使えば7万円には収まらないのだから。

The handpumps are a relatively new redesign of the VN6. Manufactured within Cambodia, by International Development Enterprises (IDE), they offer several advantages over the VN6. Whilst the easy and inexpensive maintenance virtues of the VN6 are kept, the near impossibility of repairing the VN6 cast iron parts has been removed, by making the pump out of mild steel. There is a slightly more expensive version in stainless steel.
www.foodsecurity.gov.kh/docs/...より

おそらくこれだろう。性能は旧来の〈VN6〉と同等。

「池田中学校」のページに、気になる記述がある。

掘りの井戸は不衛生で、また危険。この2年半で3名の子供(12歳、15歳、1歳)が井戸に落ちて亡くなった。

ちょうど近くの手堀のため池で昨日(2日午後3時半ころ)、少女が溺れて亡くなったと言うので、その現場に行って状況を聞いた。一人で水汲みに来て誤って落ちたらしい。

「JMAS」が過去に使っていた、このポンプはどうだろうか?


www.geocities.jp/jmasngo/.../No12-1.jpg

残念ながら、これも〈浅井戸〉用であると判断せざるを得ない。
円筒部がポンプ本体である。蛇口につけられたビニールパイプは、このポンプが押し上げ能力を持っていることを示している。

ほぼ同等の製品が、日本国内でも市販されている。

「JMAS」は6月に認定NPO法人になった。

「NGOメイクザヘヴン」のブログでも、井戸の掘削のようすが紹介されていた。

実は 井戸を担当してはいますが 井戸は現地の井戸屋さんが掘るのです。
ですので 僕の仕事は 看板を描いたり(WEB担当のサダオ氏が主に看板書き)、水質検査をしたり
支援者への報告をさせてもらうことです。
(略)
平均、約4,50メートル掘るので パイプにすれば15本くらいになります。
 掘る作業は、経験した方は御存知の通り、かなりの筋力と体力を要します。
 普段やってないと 一本入れるのもかなりの根性が必要になります。
makecambo.blog.drecom.jp/archive/1017より
一本どう考えても10キロ前後のパイプが約15本はいっているのでものすごく重い。
(略)
基本的に井戸屋さんは1~7までの工程は 朝から夕方までで終わらせます。
makecambo.blog.drecom.jp/archive/1018より

どうしても50メートル掘っていると言い張りたいようだ。

Positive
1. Both VN6 & IDE pumps are simple & cheap to maintain
2. IDE pumps are made from steel so easy & cheap to repair broken parts (can weld etc,…)
3. IDE pump also comes in a stainless steel version - suitable for aggressive groundwater situations
4. ZOA already using IDE pumps in their OMC programme
5. Both VN6 & IDE are inexpensive (< $30 / unit)
Negative
1. The cast iron parts of VN6 pump are impossible for most to repair if broken (quite common problem)
2. Can only be used to depths of around 7 - 8m
3. VN6 break down frequently (IDE - unknown)

「NGOメイクザヘヴン」が使っているのは鋳鉄製の〈VN6〉型。

往生際が悪い。

コメント

コメントを投稿する


チェックボックスをチェックすると、管理者のみに宛てたコメントを投稿できます

トラックバック

http://maruyakism.blog43.fc2.com/tb.php/60-0cea3595

「世界を騙す」を仕事にする(3)  | HOME |  平和の煮込み(1)

執筆者

まるやきの中の人

まるやきの中の人

ブログ内を検索

過去の記事

最新記事

新着コメント

新着トラックバック

リンク

連絡先

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。