スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井戸掘る人びと(9)

 「21世紀のカンボジアを支援する会」では水不足が深刻なカンボジアの小学校に井戸を寄贈する運動を続けているが、2003年3月に私が資金を提供して第1号機を作り、この6月にとうとう100号機が完成した。この間約5年、1年平均20基を作り寄贈した。井戸はカンボジア製手押しポンプ式で性能や耐久性に問題なく、5年前に作った井戸も、一度も修理することなく順調に稼動している。水量も豊富だ。

 井戸の価格は15万円、これは業者に支払う工事代金のほか、寄贈してくれた方のネームプレート作成費、本会現地事務所のガソリン代・人件費など諸経費の総額だ。
aac21.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/...より

と書くのは、「NPO法人 AAC21(21世紀のカンボジアを支援する会)」の根岸恒次理事長。
彼は「AAC21」と同じ住所に所在する「NPO法人 福祉マリネット」の代表でもある。

小学校に寄贈されるという「15万円」の井戸については、まだ写真が確認できていない。

信用は大きな財産、私にはこれしかない
 私は、2000年1月に本会を立ち上げたが、その前に約4年間、同じようにカンボジアを支援するNGO団体『日本カンボジア交流協会』に所属、事務局長としてたびたび現地に足を運んだり、国内のイベントを主催したりして、それなりに忙しく充実した日々を過ごしていた。
aac21.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/...より

代表者は牧師の山田二三雄。
1995年に設立された団体であるが、いっとき活動が失速する。

5年ほど前、弱体化したこのNPO法人と「合併」を試みようとした団体があった。

「かものはしプロジェクト」である。

 もうひとつの経験はM&Aである。この冬、私たちのプロジェクトでは、現地に職業訓練センターを持つNPO法人と合併するかどうか、ということを検討していた。相手NPOはここ数年で収入面でかなり落ち込み、運営費をまかなえない状況にあった。このNPOと合併することで、私たちのプロジェクトはカンボジアに現地展開するスピードとリスクヘッジを買うことが出来ると考えていた。収入がなぜ落ち込んでいるのか、相手の信用度や、スタッフの優秀さなどひとつひとつ吟味していった。
 その結果私たちが出した結論は、合併にはNOであった。合併をするメリットは依然としてあった。しかし、調査の過程で収入が落ち込んでいる理由が理事長が不正に財務処理しているという噂(噂にすぎない)が会員に伝わっており、そのほか、彼は表ではよい顔をするが、周囲の反感を買っていることがわかった。私たちは彼らを信用することは出来ず、合併後喧嘩するリスクをとるよりは、地道に自分達でセンターを建てることを選択した。
web.archive.org/web/20040821125440/...より

不正支出は噂にすぎなかったのだろうか?

めぐみグループからの脱退決定 品川総合福祉センター

 東京、静岡、群馬で社会事業などを運営する「めぐみグループ」(東京都港区、山田二三雄代表)四団体のうち、社会福祉法人「品川総合福祉センター」(品川区、山田二三雄理事長)が九日、緊急理事会を開き、山田理事長(68)ら理事二人の今月末での勇退とめぐみグループからの脱退を決めた。

 めぐみグループの一つ、社会福祉法人「武蔵野会」(八王子市、同理事長)と大島の二施設による不正支出問題に関連し、品川総合福祉センターの理事会でも山田理事長の進退伺が出ていた。

 緊急理事会で勇退が決まったのは、山田理事長のほかに武蔵野会事務局長も兼務していた根岸恒次理事。後任の理事長には、前品川区助役の本間将(すすむ)氏(66)が内定した。
(『中日新聞』1999年6月10日付朝刊より)

噂どころか、現在から9年以上も昔の事実であった。

そして、この不正支出問題に絡む人事でも名前があがっているのが、のちに「AAC21」理事長となる根岸恒次である。

コメント

あんたヒマだなー

負け犬のなんちゃらってやつですね。

匿名の202.209.187.131さんへ

proxyくらい通したらどうなんだい?

Network Information: [ネットワーク情報]
a. [IPネットワークアドレス] 202.209.187.128/29
b. [ネットワーク名] NMS-NET
f. [組織名] 日本医科大学
g. [Organization] Nippon Medical School

あぁ、またか

不労所得、虚業、、、、、たえまない連鎖ですなぁ。

コメントを投稿する


チェックボックスをチェックすると、管理者のみに宛てたコメントを投稿できます

トラックバック

http://maruyakism.blog43.fc2.com/tb.php/27-d64adb34

いちま~い、にま~い(4)  | HOME |  闇の大人たち(1)

執筆者

まるやきの中の人

まるやきの中の人

ブログ内を検索

過去の記事

最新記事

新着コメント

新着トラックバック

リンク

連絡先

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。