スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは事件です!

遠くから打ち上げ花火の音が聞こえてきて、なぜか本多勝一を思い出した。

『月刊あれこれ』のサイトは放置されたままで、トップページからは発行人だった山中登志子による「通販あれこれ」にリンクが張られていた。

イチオシの商品は「OLAHAIR(オーラヘアー)」というスプレー式の「頭髪用化粧品」。8400円ナリ。

山中登志子は『週刊金曜日』に8年間在籍し、かの『買ってはいけない』にも関わった編集者。
現在はこの通販サイトのほかに『マイニュースジャパン』を運営し、『オーマイニュース』にも寄稿していた。

『オーマイニュース』への投稿は例によって「下剤&石膏入りの「コントレックス」」「花王の台所用洗剤「キュキュット若竹」に若竹成分は入ってなかった」といった調子で、かつ「マイニュースジャパン」の宣伝になっている。

「通販あれこれ」の取り扱い製品を見てみよう。

通販あれこれが推奨する『灰の洗剤』も『若竹の洗い水』も界面活性剤は一切入っていません。
合成洗剤は合成界面活性剤で、石けんは界面活性剤で汚れを分解しますが、『灰の洗剤』は微生物で分解し、『若竹の洗い水』は主にカリウムと硅素のミネラル成分で汚れを落とします。
www.rakuten.co.jp/arekore/573970/573972/魚拓)より

製造元である「株式会社木炭屋」によれば、「灰の洗剤」の成分は「備長炭の灰汁と木酢液とミネラル水」であり、「微生物」が配合されている気配すらない。

 韓国西海岸産のミネラル豊富な天然塩を、セラミックと合わせて3日にわたって高温焙煎しています。97%の遠赤外線とケン紫外線(人体に最もよいとされる紫外線)が発生する塩になり(国際特許出願中)、鉄を錆びさせないアルカリイオン化した塩を、さらに3年以上成長した青竹に詰めて、1300度以上の高温で焼きます。松の薪をくべた黄土の釜で焼くこと3回。
www.rakuten.co.jp/arekore/573958/574009/魚拓)より

六芒星のロゴも怪しげな「神塩竹塩」は200グラムで1200円。
複数の通販サイトで扱われているが、「ケン紫外線」の発生なる意味不明の現象について口走っているのは山中登志子のみである。

だいたい「アルカリイオン化した塩」って、何それ?

冒頭の「OLAHAIR」も、明らかに増毛効果を期待させるような写真が掲載されているが、説明文では薬事法に抵触するような表現は巧妙に避けられている。

コメント

コメントを投稿する


チェックボックスをチェックすると、管理者のみに宛てたコメントを投稿できます

トラックバック

http://maruyakism.blog43.fc2.com/tb.php/16-c0f52776

イエス様の親分は  | HOME |  ググレカス

執筆者

まるやきの中の人

まるやきの中の人

ブログ内を検索

過去の記事

最新記事

新着コメント

新着トラックバック

リンク

連絡先

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。