スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お姉さんが一肌脱ごう(2)

TBSに電話してみたよ。

「Tシャツを販売したのはTBSですか?」「違います」「制作会社ですか?」「違います」「若槻さんサイドですか?」「違います」。

もうね、何がなんだか。

「シャツの制作費は番組予算から出ている」「売上は全て寄付する。でも税金がかかる」というので「その税金を税務署に納めるのは誰ですか?」と聞けば、最終的には「TBS」ということらしい。

「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」への寄付は番組プロデューサーの発案によるもの。
「Pですか?」と念を押したので間違いない。

「セーブ~」が断ってきた理由を聞くと「スタッフには分からない」とのこと。

「プロデューサーのみぞ知る、ということですか?」との質問には、「プロデューサーにも分からない。もっと上の話」だそうで。

「上」って、赤坂のビルのあの円いところのことだろうか?

(1)の訂正を忘れていた。

インドにも独立した「Save the Children」があった

が、やはり校舎の供給は政府が主体で、教育の質の向上や教育を受ける権利の周知による就学児童の増加などが活動の中心のようだ。

スポンサーサイト

寄付文明開化(4)

寄付文化の起源は韓国ニダ。

 われわれはしばしば寄付文化が不十分だと考えるが、統計を見る限りはそうではない。07年の韓国人1人当たりの平均寄付額は10万9000ウォン(約7800円)だ。1人当たり国民所得の0.4%に当たり、日本(0.02%)の20倍に達する。寺や教会など宗教機関を通じた寄付金(平均23万ウォン=約1万6500円)を含めれば、1人当たり国民所得の1.34%だ。アルムダウン(美しい)財団によると、これは米国(GDPの1.7%)をやや下回るものの、オーストラリア(0.68%)、オランダ(0.9%)など先進国と肩を並べる水準だ。
s03.megalodon.jp/.../www.chosunonline.com/...より

なぜかアメリカの「20兆円」だけが引き合いに出されるので、あえて引っ張り出してみた。

ムン・グニョンは2003年から今年まで継続的に寄付して、計8億5000万ウォンを寄付したことが確認された。
愛福祉共同募金会では、昨日20代の女性芸能人だと知らせたが、本人の匿名希望で名前を明らかにしなかった。
contents.innolife.net/news/list.php...より
【12月15日 AFP】韓国の李明博(イ・ミョンバク、Lee Myung-Bak)大統領は15日、定例のラジオ演説の中で、個人資産のほぼ全額を社会的弱者に還元する考えに変わりはないと強調し、還元方法について「そう遠くないうちに」発表できるだろうと述べた。

 また、就任後、大統領の月給1400万ウォン(約95万円)の全額を低所得者世帯に寄付していることを明かし、5年の在任期間中、寄付を続ける意向を示した。
www.afpbb.com/article/politics/2550045/3615351より

日本の個人寄付をこのレベルにすることは、比較的簡単だろう。キリスト教とか関係なく。

経済危機による不況に最もあえぐのはを恵まれない人々、中でも子供たちだ。親の失業や破産、それによる離婚、家出が増加し、食事さえろくに取れずにいる子どもが増えている。

それでも学期中には、学校で昼食1食は給食で済ませて空腹感を解消することができる。今年現在、全国で61万7000人の小中高生が学校で無料の給食を受けている。ところが、休み中には対象者が29万4000人に急減する。約32万人の子どもが給食の恩恵から外されるのだ。
japanese.joins.com/article/article.php?aid=108374より

このくらい切実になれば。

大口寄付者の「リプラス」の破綻を受けての緊急募金で「NPO法人 もやい」におよそ4000万円。また、「年越し派遣村」にもやはり約4000万円の寄付が寄せられたという。

寄付文明開化(3)

「2000億円」派は、どうやって「10兆円」を集めようとしているのだろうか?

野村総研の推計では2020年の個人の遺産は年間109兆円。この5%が遺産寄付にまわると約5.5兆円。日本人にとって「社会への恩返し」が一般化し、遺産寄付を促進する税制改正と遺言書作成が一般化(今では5%くらいの人しか作成してないですよね)すると、全く不可能という数字でも無いと思っています。

富裕層は今、居住用不動産を除いて百万ドル(1億円)以上の資産を有している人が147万人。この中には数千億持っている人もいますので、まあ、ならして2020年の富裕層150万人x2億円と計算すると300兆円。この資産のある層は運用もしっかりやっているので、3%以上の利回りを確保してそうですので、この人たちの資産の1%が寄付にまわしても目減りしない。その1%分で年間3兆円。

あと1兆5千億を企業の社会貢献ビジネスモデルからの寄付、個人の小口寄付、カードなどもポイントからの寄付などで積み上げます。
dojo.livedoor.biz/archives/51312538.htmlより

という目論見らしい。

しかし、真っ先に着手されているのは「個人の小口寄付」だ。

ホリエモンこと掘江貴文はつぎのようにブログに書いている。

チャリティプラットフォームで「定額給付金基金」やるみたいですね!私ももらったら全額寄付するつもりです。少しでも社会の役に立つことにお金をつかってほしいですね。
ameblo.jp/takapon-jp/entry-10225221736.htmlより

「ヒルズ族」から1万2000円、では、「10兆円」への道は険しいだろう。

「村上ファンド」の村上世彰が拠出した5億円を元に活動する「チャリティー・プラットフォーム」の謳い文句も、

ふつうの人が、ふつうに世界を変えていく場。

である。
「定額給付金基金」への寄付も、1人当たり2000円台に留まっている。

さらに、そうして集めた寄付金がどう使われるのか? ここでイカガワシサが爆発する。

そうすると、今のNPOで年間1千万円寄付を集めている団体は、50倍の5億円集まる勘定です。そうすると、今よりスタッフを充実させて、専門性も向上して、受益者への支援も充実します。そうすると、あちらこちらで感動体験や幸せ体験がひろがり、日本に「助け合い文化」が帰ってきます。みんな一人ではなく、NPOを媒介に幸せや一体感のひろがる社会です。2020年には、確実に今より日本が幸せな社会になっています。

50倍集まれば、1団体あたりの寄付金収入が50倍になる? そんなわけがない。

「10兆円」は一般会計の1割強に匹敵する。
公共サービスのそれなりの部分は民間に任され、公的な助成も削られ、50倍に数が増えた団体が相変わらず財政に頭を抱えているという想像のほうが、よほどリアリティがあると思うのだが。

アメリカの「20兆円」には含まれている、例えば「Community Development Corporations」のような活動は、日本の「10兆円」では想定されていない。

既存の団体で山分けという妄想ならば、夢物語によだれが垂れそうになるのも当然だ。

[追記]
ついでに書けば、単純に50倍、ならば個人寄付の3分の1ほどを占めるとされる「宗教」分野への寄付金も同様に50倍だ。アホらし。

寄付文明開化(2)

とんだ寄り道をしてしまった。

在アメリカの個人寄付市場は約20兆円、これに対して日本の個人寄付市場は2000億円であり、法人寄付とあわせても7000億円です。これを10兆円までもっていきたいですね。
www.ekokoro.jp/world/interview/014_sato/より(脱字は原文ママ)

「NPO法人 チャリティ・プラットフォーム」理事長の佐藤大吾は日本の個人寄付の規模を「2000億円」であるとする。

ファンドレイジングフォーラム2008でも、ついに宣言してしまいましたが、
「2020年、寄付10兆円市場達成!」を目標にすることにしました。

「えー、そんなん無理やで」という声が聞こえてきそうです。

そらそうです。今、日本の個人寄付2000億円なんですもん。しかし、これは現実的に達成可能性ある数字だと思っています。
dojo.livedoor.biz/archives/51312538.htmlより

「定額給付金基金」呼びかけ人のひとり、鵜尾雅隆も同じ数字を出す。

が、かつて彼は「2200億円」と発言していた。

こういうたぐいの話って、あちらこちらでもとりあげられていそうなので、今更というところもありますが、日米の寄付金総額の比較で、よく、

米国の個人寄付22兆円、日本の個人寄付2200億円

というような数字がでてきますよね。
dojo.livedoor.biz/archives/50747458.htmlより

200億円の違いは決して無視できる額ではないのだが、こういった数字の弄びかたをするあたりが要注意である。

「2200億円」という数字の出所は「内閣府経済社会総合研究所」とされている。
2007年の資料「非営利サテライト勘定に関する調査研究について」では、個人寄付2362億円、企業寄付5307億円と推定されている。

この推定、どの程度の信頼性があるのだろうか?

「内閣府経済社会総合研究所」の推計には非営利団体として宗教団体も含まれ、279万世帯が平均2万4200円、総額676億円を寄付していると見積もられている。
だが、実際には「創価学会」単独でこれ以上の寄付を集めていると見ていいだろう。

2362億円から宗教分野を除けば1700億円弱。

これについても「赤い羽根」共同募金だけで204億円(20年度)ある。「緑の募金」が28億(19年度)。「NHK歳末たすけあい NHK海外たすけあい」 義捐金が17億8000万円ほど。
コンビニエンスストアの店頭募金が「サークルKサンクス」の5200万円から「セブン-イレブン」の3億7000万円といったところ。

積み上げていけば本当に1700億円に収まるのか疑問である。

分野別に見れば、「国際」が314億円。
「日本ユニセフ協会」の寄付金収入だけで165億円。個人寄付の比率が分からないが、やはり違和感のある数字だ。

仮に「2000億円」や「2200億円」が正確な数値だとしよう。
しかしそのとき、アメリカの100分の1、という単純な割り算だけで語ることには意味がない。

アメリカでNPOがサービスを提供している分野が、日本にも同様に存在するわけではないのだから。

寄付文明開化(1)

「日本に寄付文化を」という動きがある。
どこかうさんくさいので少し調べてみることにしたが、いきなりくじけた。

NPO法人 チャリティ・プラットフォーム」が事務局となっている「定額給付金基金」に寄せられる寄付金の使途を、一覧の下から順に調べようとしただけなのだが。

10,000円で
(略)
1万円で、捨て犬(猫)一匹を保護し、里親に出せます。(日本)
5,000円では…
即日結果通知のHIV抗体検査を1人分提供できます。(日本)
4,000円では…
1000食の栄養価の高い給食を子ども達に食べさせれれます。(バングラディシュ)
www.charity-platform.com/kikin/action.htmlより

それぞれの団体に対応するページを見てみる。

1万2000円で、捨てられたワンちゃん一匹分の基本的な健康診断、血液検査、ワクチンができるのです。この基本的な健康チェックを経て、里親にだすことができるのです。
(活動団体:アニマルレフュージ関西)
project.charity-platform.com/025/2009/03/post-1.htmlより

必要なのは1万円なのだろうか? 1万2千円なのだろうか?

1万2千円で、即日結果通知のHIV抗体検査を12名の方に提供することができます。
(活動団体:HIVと人権・情報センター)
project.charity-platform.com/012/2009/03/hiv.htmlより

1人1000円ならば、どこから「5000円」が出てきたのだろうか?

1万2千円あれば、栄養不良に苦しむ赤ちゃんたちに、栄養のある、「おかゆ」260食分を提供できます。また、栄養改善や収入を得るための果樹栽培用の、ビタミン豊富なオレンジやレモンの種17kgを提供できます。
(活動団体:ハンガー・フリー・ワールド)
project.charity-platform.com/023/2009/03/post-2.htmlより

「おかゆ」と「種」をつなぐ「また」は、他の媒体では「または」となっている

「赤ちゃん」の「おかゆ260食」で1万2千円かかるのに、「1000食の栄養価の高い給食」が4,000円、つまり1食4円でまかなえるのだろうか?

単なる編集上のミスならばいいが、それにしてもメチャクチャだ。

12,000円で
(略)
干ばつ時、3世帯に緊急の飲料水1か月分を配布することができます。(アフガニスタン)
10,000円で
(略)
大規模災害時に、1人9日分の食事が用意できます。(日本)
アフガニスタンでは、1万2千円で、干ばつに苦しむ8家族に、最低限必要な飲料水1ヶ月分を提供することができます。
(活動団体:ピースウィンズ・ジャパン)
project.charity-platform.com/013/2009/03/post.htmlより
1万円で大規模災害時に、1人10日分の食事が用意できます。
(活動団体:シビックフォース[CIVIC FORCE])
project.charity-platform.com/013/2009/03/post-2.htmlより

なんだかわけのわからないことを言っている団体も。

いただいた寄附金は現在今年夏に計画しているタイ、ミャンマー、スリランカの貧困層の高校生を九州に招聘し、日本の高校生と世界の貧困や格差、環境に関したディスカッションを行う事業の、滞在費として使わせていただきます。

[たとえばこんなことができます]
年額12000円で、当会のタイ王国東北部の貧困家庭の中学生の学校へ行くための教育支援として使えます。1年分の教育のためには充分ではないですが、日本からまごころを送ることが、タイの子どもたちの困難ながらも学校へ行く励みとなっています。
project.charity-platform.com/023/2009/03/post-6.htmlより

「滞在費」として使っちゃったら、教育支援には使えないでしょ。

 皆さん、光り輝いて生きていますか。歓びに満ち、ご両親、ご先祖様、周囲の皆様、万物に感謝して、自分らしく一日一日を生きていますか。そして、生かされている、と感じていますか。

 見えない世界、大自然、大宇宙の調和、遺伝子の世界、細菌、微生物、いのちの連なり、小宇宙、生命の神秘に感動し、畏敬し、また、安らぎを覚えていますか。
tpa.nk-i.net/daihyouaisatsu.htmlより

代表挨拶にある通り、こういう団体のようだ。

1万2千円(2万円)で10年後の日本を変えることが出来ます!
(活動団体:鳳雛塾)
project.charity-platform.com/015/2009/03/post-6.htmlより

これは驚きの費用対効果、のわけはなくて、なにも言っていないに等しい。

NPO法人 鳳雛塾」には短期借入金が1200万円ある(平成20年度末)。未収入金は1180万円で、前年度から58万円増えている。

こうした経営が可能なのも、理事長が佐賀銀行会長だからだろう。

「エイズ孤児」の健在な両親(2)

物々交換で「エイズ孤児院」建設費用として1000万円を集めようとしていた「あおぞらプロジェクト」だが、一度白紙に戻った支援先が決まったようだ。

*団体名(NGO施設名): Hope of Children (HOC) ホープ オブ チルドレン
*プロジェクトタイトル: 子供の健康と子供の望みの新しいドミトリー・施設
*所長(Director): Muny Vansveth (お坊さん)
*住所: Wat Norea, Norea Commune, Sangker Distict, Battambang Province, Cambodia
ameblo.jp/aopro/entry-10172701825.htmlより

新たな目標額は200万円弱とされている。

この孤児院、実は早稲田大学の学生団体「国際協力 風の会 東京」が一部の児童の英語教育を支援していた「ノリア孤児院」と同じものである。
日本からもいくつかの団体が、開設当時から支援に加わっていた。

Rustic Pathways is proud to launch the Battambang Orphanage Project, which will bring aid and positive energy to the Cambodian youth who need it most. As of Nov. 1, 2008 Rustic Pathways has taken over support for the Hope of Children Orphanage in Battambang, which means all the living expenses of the 65 children who live there are now covered.
www.rusticpathways.com/2009/cambodia/cbp.htmlより

収容されている全員の生活費を負担しているという団体もある。

この動画に創設者の僧侶が登場する。しかし、この施設は「Hope of Children」ではなく、収容されている児童の数も多い。

Tim found the orphanage to be in bad repair, the children were sleeping on the ground in shanty type accommodation, their meals were not nutritious, and they were not being educated properly or being provided with adequate health care.
www.hopeforcambodianchildren.org/index.htmより

このような「Hope of Children」の問題を解消するために、オーストラリアの「AIDS Trust」が新たに郊外に建てた「Hope For Cambodian Children Orphanage」である。

新しい施設ができた今、健康管理にすら問題ありとされた「Hope of Children」は「エイズ孤児院」として存続していくのだろうか?

Over the past several years, drug abuse has become an increasing problem in Battambang’s communities. Drug users are not permitted to attend regular schools, and no social network exists to aid those at risk for trafficking, overdose, and prostitution. Hope for Children does not have the resources available to accommodate and rehabilitate drug users, but Venerable Muny Van Saveth is hoping that will change by the end of 2008. His goal is to establish a six-month residential program to treat and rehabilitate drug abusers using a combination medical and meditative therapy.
(略)
While Venerable Muny Van Saveth has noticed a decline in HIV/AIDS discrimination, as well as a decrease in the number of children affected by the disease, Hope for Children continues to expand its programs and reach out to more youth at risk.
www.un.org.kh/undp/.../73-Issue-18-January-2008.htmlより

「国連開発計画」のニュースレターからは、薬物依存の治療など「エイズ孤児」以外の問題に活動領域を移行しようとしているようにも思えるのだが。

「世界を騙す」を仕事にする(5)

「かものはしプロジェクト」を取り上げたNHK教育テレビの「福祉ネットワーク」。
ゲストコメンテーターは多摩大学大学院教授の田坂広志だった。

田坂は「かものはしプロジェクト」が出場したビジネスモデル・コンテスト 「STYLE2003」の審査員であり、同団体の設立当時の計画が失敗に終わったことをよく知っているはずなのだが、「社会起業家論」を専門とする学者であるはずの彼は、なんとかこの団体を擁護しようと必死である。

田坂が特別顧問を務める「株式会社エンバイオテック・ラボラトリーズ」という会社がある。「つくば市赤塚字牛ヶ渕586-9 池田理化ビル2階」に研究所を持つ。

同社の取締役に筑波大学名誉教授の村上和雄がいる。
「インテリジェント・デザイン論」への傾倒が見られる彼は、そこに天理教の教えを見出しているのだという。

「池田理化ビル」の3階には、村上和雄を所長とするバイオテクノロジーの研究所がある。「財団法人 国際科学振興財団」の関連施設で、財団本部は同ビルの4階にある。

この「国際科学振興財団」、設立に「統一教会」が関わっていたという噂があるのだが、「未来構想戦略セミナー」の大脇準一郎の経歴を見ると、確かにこの財団の名前が登場する。

根拠のない噂、というわけではないようだ。

「未来構想戦略セミナー」事務局として名前が公表されている4名のうち、大脇、杉山勝行、佐桑史基の3名は「統一教会」信者である。

残る1人、新谷文夫についてはよくわからない。

略歴を見ると、カーネギーメロン大学留学後、1990年に設立された「日本総合研究所 創発戦略センター」の副主任研究員となっている。

田坂広志は「日本総合研究所創発戦略センター」の創設メンバーで、のちに所長の職に就いている。

「世界を騙す」を仕事にする(4)

この動画の後半で「かものはしプロジェクト」代表の村田早耶香が「売られずにすんだ」と言っている少女は、実は父親に引き取られている。

年齢すら「17歳」と誤って紹介している。
それどころか「両親とも死んだ」と語られることもある。

タイに出稼ぎに出たまま帰らない、と聞いていたお父さんは 実はHIVに感染し亡くなっていました。お母さんも同様です。
www.kamonohashi-project.net/.../20070314_346.phpより

これが、この「社会起業家」の本性だ。

お姉さんが一肌脱ごう(1)

インドに学校を建設するために、まさに一肌脱いだ若槻千夏。

別に完成した学校の前で撮影するわけでも、ヌードをプリントしたTシャツを着て現地を練り歩こうというわけでもないのだから、「セミヌード写真」という手段自体についてはどこが問題なのかよくわからないのだが、それでも一部でインド人の習慣や感情を考えない方法だ、といった声があがっている。

インドで発行されている英字紙『The Times of India』に、こんなインタビューが掲載されていた。



In an interview, you once said you would love to pose naked? If given an offer, will you pose nude for any Hollywood or Bollywood film?

It depends. I would love to do the same for charity, but not for money.
timesofindia.indiatimes.com/Entertainment/.../3804951.cmsより

売名の側面があるとはいえ、「チャリティーならば映画で脱いでもいいわ」という女優の発言が、別に非難されることもなく公称240万部の紙面をにぎわせている。

Tシャツは売り切ったものの、今後の活動計画は白紙に戻ってしまったようだ。

【若槻千夏チャリティTシャツ完売のお知らせ】

“若槻千夏 チャリティTシャツ”は、皆様の多大な厚いご支援を頂いた結果、2月23日をもちまして制作枚数6000枚が完売となりました。ご協力、本当に有り難うございました。

既にお伝えした通り社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンさんが、諸般の事情により募金活動のサポートを辞退されました。
www.tbs.co.jp/akuma-sign/next.htmlより

「諸般の事情」とは具体的には何なのだろうか?

実は「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」は募金を持ち込まれても困るのだ。


www.savethechildren.org/countries/asia/

そもそも「セーブ・ザ・チルドレン(・インターナショナル)」のアジアでの活動地域には、インドは入っていないのだから(インド西部地震後の緊急復興援助の対象だったことはある。日本の「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」は図中にないカンボジアでも活動しているが、やはりインドは対象外である)。

[追記]
よく調べていないが、根本的に発想がおかしいようだ。
世界銀行の支援もあって校舎が増設され、小学校へのアクセスが1キロ以内に収まる児童は全体の9割以上となっている。2年以内に初等教育の就学率100%達成が目指されているが、それを妨げているのは校舎の不足ではないようだ。
[追記]
インドにも独立した「Save the Children」があったので訂正する。

 | HOME | 

執筆者

まるやきの中の人

まるやきの中の人

ブログ内を検索

過去の記事

最新記事

新着コメント

新着トラックバック

リンク

連絡先

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。